ニュース一覧
HOME ニュース一覧
2019.10.13
【10/18-19】和田堀廟所報恩講のお知らせ

親鸞聖人は1173年5月21日にお生まれになられ、1263年1月16日90歳でご往生されました。阿弥陀様の救いの働きを私たちにわかりやすく伝えてくださったご生涯を通じて、「ありがとう」のご縁をつなぐ法要が「報恩講(ほうおんこう)」です。

皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参拝ください

【10/18(金)】 
13時:逮夜法要『大師影供作法』
     引続きご法話
     講師…成田 智信 師(神奈川県・善了寺)

15時:お茶で一服(煎茶道方円流によるお点前:無料)

16時:・初夜勤行(夕方のお勤め)
   ・御伝鈔拝読 
   (伝記を聞き、親鸞聖人のご生涯をたどります)
   ・報恩講だよ!全員布教(`・ω・´)
    講師の先生を皮切りに、和田堀職員も全員お話します!
    だって報恩講ですから!
21時:終了予定

【10/19(土)】
07時:晨朝勤行『正信偈行譜・和讃:五十六億七千万』
10時:満日中法要『広門類作法』
    引続きご法話
    講師…成田 智信 師(神奈川県・善了寺)
12時:抹茶のお点前(明治大学茶華道研究会:無料)

全日程終了
——————————————————————————

≪そもそも、報恩講って?≫
「報恩講(ほうおんこう)」とは、浄土真宗の開祖・親鸞聖人のご法事です。

大切な方の命日などに合わせて親族やご縁のある方に声をかけて、みんなで仏さまにお参りをするご法事。そこでは、お世話になった人への感謝の気持ちを新たにし、ともに仏様の教えを聞かせていただきます。
浄土真宗で大切な方といえば親鸞聖人です。様々なご苦労の中で多くの著書、そしてみ教えを遺された親鸞聖人のご恩に報いる気持ちを表すご法事が「報恩講」です。