沿革

 大正12(1923)年9月1日、未曽有の災害をもたらした関東大震災によって、築地本願寺もまた本堂が類焼するなどの被害を受けました。そのため、築地本願寺境内にあった多数の墓地を移転する必要にせまられ、当時豊多摩郡和田堀の大蔵省管轄陸軍省火薬庫跡約1万2千坪の払い下げをうけ、昭和9(1934)年の冬には、築地本願寺の仮本堂を移築し、ここに和田堀廟所が建立されました。武蔵野の面影をとどめる玉川上水路には水清く小鳥がさえずる自然公園の墓地として、和田堀廟所は参拝する人々の心に深い感銘を与えてきました。
 昭和20(1945)年5月25日、太平洋戦争の東京大空襲によって本堂をはじめことごとく焼失してしまいましたが、廟所にご縁をもたれる門信徒の皆さまのお布施や懇ろな志などにより、昭和28(1953)年10月11日、本堂が再建、入仏法要が慶びのうちに勤められ現在に至っています。
 また、和田堀廟所は歌人九條武子夫人や作家樋口一葉女史をはじめとする著名な文化人の墓所としても有名で、それらの方々を偲んで多くの参拝者が来所されています。そして、春には名所となった桜並木を彩るソメイヨシノが満開に咲きほこり、参拝する人々の心を和ませています。

ページトップへ