各種手続き
HOME 各種手続き
various_procedures
ご納骨について

当廟所に墓地・納骨堂をお持ちの方については、随時ご納骨を承っております。

納骨に必要なもの
  • ・故人様のご遺骨
  • ・火葬埋葬許可証(コピー不可)
ご納骨までの流れ
  • (1)ご納骨の希望日時を和田堀廟所へご連絡ください。
    納骨と併せて本堂でのご法要をご希望の場合は、同時にその旨をお申し付けください。最新の予約状況をふまえ、ご法要を承ります
  • (2)日時が確定しましたら、お墓の納骨室(カロート)を開けるための石材店をお手配ください。和田堀廟所に登録されている石材店のご紹介も可能です。
    (※納骨堂ご契約の方は不要です。職員立ち会いのもと、納骨壇を開錠いたします。)
  • (3)当日、ご予約時間の約15分前に本堂横の寺務所にお越しください。
    納骨申込書をご記入いただき、ご納骨へと移ります。ご法要を申し込まれている場合は、この時にお布施を受付へお渡しください。

※ご納骨については、墓地の名義人本人がご申請ください。当日、名義人不在の場合は納骨委任状が必要となりますので、事前にご連絡ください。
また、現名義人死亡の場合はその本人に限り納骨が可能ですが、それ以降の納骨や工事はできませんので、必ず名義変更(承継手続き)をお願いいたします

分骨について
・和田堀廟所が受け入れる場合

納骨時に火葬埋葬許可証、もしくは分骨証明書をご提出ください。

・和田堀廟所から持ち出しされる場合

分骨用の骨壺をご用意してください。後日、分骨証明書を発行いたしますので、ご遺骨と併せて受入先にご提出ください。

名義変更(承継手続き)について

墓地の使用権を受け継ぐことを「承継」といいます。承継は名義人がご存命中から行うことができます。
なお、名義人がお亡くなりになられた際は、死亡後2年以内に承継手続きをしていただくことをお願いしております。承継手続きが未了の場合、墓地の工事(墓誌への法名彫刻など)や、納骨などができませんのでお気を付けください。なお、お亡くなりになられた名義人の納骨は承継未了の場合でも許可されます。
和田堀廟所では現名義人の親族(公的書類で証明のできる)で、名義人より指名をされた者、または親族の総意によって選出されたものが、その承継者となることができます。

名義人が存命中の場合
≪承継事務に際して提出するもの≫
  • 1.墓地使用権名義変更願【寺務所備え付け】※名義人記入・実印押印
  • 2.墓地使用権承継願【寺務所備え付け】※承継者記入・実印押印
  • 3.墓地使用許可証(紛失の場合は紛失届【寺務所備え付け】)
  • 4.念書【寺務所備え付け】※承継者記入・実印押印
  • 5.家族関係図【寺務所備え付け】
  • 6.印鑑登録証明書(承継者・名義人各1通※取得日より3ヵ月以内有効)
  • 7.名義人と承継者の親族関係を証明する公的文書(戸籍謄本・全部事項証明等)

※必要に応じて承継者以外の法定相続人からの同意書提出をおすすめする場合がございますので、寺務所にご相談ください。

名義人が死亡の場合
承継者の指定がある場合
≪承継事務に際して提出するもの≫
  • 1.承継者指定の記載がある遺言書等
  • 2.墓地使用権承継願【寺務所備え付け】※承継者記入・実印押印
  • 3.墓地使用許可証(紛失の場合は紛失届【寺務所備え付け】)
  • 4.念書【寺務所備え付け】
  • 5.法定相続情報一覧図もしくは家族関係図【寺務所備え付け】
  • 6.印鑑登録証明書(承継者・同意者各1通※取得日より3ヵ月以内有効)
  • 7.名義人と承継者の親族関係を証明する公的文書(戸籍謄本・全部事項証明等)
  • 8.名義人死亡の事実が記載された戸籍謄本などの書類※1
  • 9.名義人と承継者の親族関係を証明する公的文書(全部事項証明等)※2
    なお、上記で“名義人死亡記載の書類”で、その関係が証明されていれば不要。

※1 法定相続情報一覧図が提出されれば8ならびに9の書類は不要です。
※2 必要に応じて承継者以外の法定相続人からの同意書提出をおすすめする場合がございますので、寺務所にご相談ください。

承継者の指定のない場合
ご家族でご協議のうえ、承継者をご選定ください。
≪承継事務に際して提出するもの≫
  • 1.墓地使用権承継願【寺務所備え付け】※承継者記入・実印押印
  • 2.墓地使用許可証(紛失の場合は紛失届【寺務所備え付け】)
  • 3.念書【寺務所備え付け】
  • 4.法定相続情報一覧図もしくは家族関係図【寺務所備え付け】
  • 5.印鑑登録証明書(承継者・同意者各1通※取得日より3ヵ月以内有効)
  • 6.同意書【寺務所備付け】※
  • 7.名義人死亡の事実が記載された戸籍謄本などの書類※1
  • 8.名義人と承継者の親族関係を証明する公的文書(戸籍謄本・全部事項証明等)
    なお、上記で“名義人死亡記載の書類”で、その関係が証明されていれば不要。※1

※1 法定相続情報一覧図が提出されれば7ならびに8の書類は不要です。

共通事項

※承継手続きは、名義人や承継者のご事情によって、必要な書類が異なります。書類提出前に必ず寺務所(電話・メール可)にご相談ください。なお事前に寺務所へ相談がされずに提出された書類は受付いたしかねますので、予めご了承ください。
※各公的書類の取得からの有効期限は6ヵ月(※印鑑登録証明書は3ヵ月)です。なお、いずれの書類も寺務所に正本をご提出いただきましたら、担当者による複写のうえで返却をいたします。なお、複写書類のご提出は受け付けておりません。ですので必ず正本をご提出ください。
※承継申請冥加として¥5,000.—(許可証を郵送する場合は¥6,000.—)を申請時にお納めいただいております。

改葬(お墓・ご遺骨の引越し)について

既に墓所や納骨堂に収蔵されているご遺骨を別の墓所等に移すことを「改葬」といい、移動先での納骨には「改葬許可証」が必要となります。

【手続きの流れ】
(1)改葬許可証交付申請書の用意をする
改葬許可申請書(和田堀廟所備え付け)に必要事項を記入し、署名・実印捺印のうえ印鑑登録証明書を添えて和田堀廟所事務所へご提出し、当廟所管理者の収蔵証明を得てください(証明書類のお渡しに約2週間かかります)
(2)改葬先(引っ越し先)の準備
「墓地使用許可証」もしくは「受入証明書」など、改葬先で納骨が可能であることを証明する書類をご準備ください
(3)「改葬許可交付申請書」を提出する
当廟所の証明を得た「改葬許可交付申請書」を、改葬先で納骨することができる証明書と併せて杉並区民生活部区民課戸籍係へご提出ください。杉並区より「改葬許可証」が発行されます。
(4)和田堀廟所からご遺骨を移し、改葬完了となります。
区画返還

墓地・納骨堂の使用を終了する場合は、収蔵されているご遺骨の改葬を行い、原状に回復していただきます。必要書類などのご説明をいたしますので、寺務所にご相談ください。

住所変更

墓地・納骨堂の名義人、及び和田堀廟所奉讃会員の住所や電話番号に変更があった場合は速やかに和田堀廟所までご連絡をお願いいたします。

(1)名義人(奉讃会員)氏名

(2)現在のご住所

上記2点をお伺いし、現在の登録情報を確認したのち、変更手続きを承ります。
※伺った個人情報は墓地管理・郵便物発送に限り使用いたします。

various_procedures
よくあるご質問
Q1
・何時までお参りできますか?
A
本 堂:7時-16時
墓 地:7時-17時
納骨堂:9時-17時
寺務所:9時-16時30分
場所によって時間が異なりますのでご注意ください。
Q2
・お墓の場所がわからないのですが
A
お墓の場所は故人様の名前ではお調べすることができません。現在お墓を管理されている名義人様のお名前とご住所を確認のうえ、寺務所にてお尋ねください。
Q3
・法事のお布施はいくらですか?
A
金額として定めておりません。ご無理のない範囲でお気持ちをお包みください。
Q4
・法要当日は何を持って行けばいいですか?
A
事前にお渡しする法要確認書とお布施の他、過去帳や故人様の法名紙などございましたら併せてお持ちください。お位牌・お写真・お供物については、必ずしもお持ちいただく必要はございません。
Q5
・法要後、集まった皆で会食をしたいのですが
A
会館一階のお部屋をお使いいただけます。部屋数が限られておりますので、ご希望の場合は事前にご相談ください。また、ご自身にて配膳業者の手配をお願いいたします。寺務所にパンフレットもご用意しておりますのでご覧ください。なお、持ち込みはご遠慮いただいております。
Q6
・駐車場はありますか
A
入口右手に参拝者用駐車場がございます。満車の場合は墓地まで入っていただき、桜並木に沿って駐車が可能です。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
03-3323-0321